ブログ

三芳野神社

「とおりゃんせ」発祥の地の天神様(埼玉県川越市)

蔵造りの通りから10分程歩くと本丸御殿がある、その玄関から数十歩の所に木立に囲まれたお社がある。「行きはよいよい帰りは恐い」とわらべ唄で唄われた天神様です。

川越城内にあったため、一般の人の参詣はなかなか難しく、その様子が唄われていると伝えられています。「天神様」とは学問の神様である菅原道真のことで「合格」「必勝祈願」「学業成就」のご利益を授けていただけるといわれています。

三芳野神社は、「とおりゃんせ」発祥の地といわれていますが、なぜ「とおりゃんせ」は生まれたのでしょうか?まずは、とおりゃんせの歌詞を見てください

通りゃんせ 通りゃんせ

ここはどこの 細道じゃ

天神様の 細道じゃ

ちっと通して 下しゃんせ

御用のないもの 通しゃせぬ

この子の七つの お祝いに

お札を納めに まいります

行きはよいよい 帰りはこわい

こわいながらも

通りゃんせ 通りゃんせ

生まれた理由は諸説ありますが、有力な説としては、以下のとおり。

室町時代に入り、太田道灌がこの地周辺に川越城を築城しました。

そのため、三芳野神社は川越城内の中に入ってしまい、一般庶民は普段はお参りすることができなくなりました。                   

城内は南大手門→田郭門→天神門→三芳野神社(天神さま)までの複雑な細道、門を通るたびに、門番に理由(七つのお祝いに天神さまへお参りに行くなど)を説明し通ります。

帰りは、参詣客に紛れて密偵が城内に入り込むことをさけるため、帰りの参詣客は警護の者によって厳しく調べられた。

そのことから「行きはよいよい、帰りはこわい」と川越城内の子女の間で唄われるようになり、それが城下に流れ、武士や僧侶、町人たちによって江戸へ運ばれ、やがて全国へ広まった。 これが「とおりゃんせ」の歌詞の発祥の地であると言われている。

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 新商品と新サービスと……!
  2. 展示会にチャレンジ!
  3. CVM営業研修
  4. 東京オリンピックチケット
  5. ここはアメリカ!?と思わせる街並み、JOHNSON TOWN
  6. Adobe Illustrator のデータ入稿のおはなし。
  7. マインドフルネス
  8. ファックスDM

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


会社情報

株式会社 ハンダ

営業時間
平日09:00〜17:00

所在地
〒352-0024埼玉県新座市道場2-7-7
TEL048-477-1171(代)FAX 048-481-3122

PAGE TOP