ブログ

adobe イラストレータ・ドキュメント作成時のアートボードのお話!

ども、制作部の前田です。

 

ちょっと、他の方はどうやってるんだろう的?な ことを書きます。

 

イラストレータデータ上の話です。仕上がりのアタリというか……。触ったことない人にはチンプンカンプンでしょうね。

弊社は基本、社内でデータを制作し印刷をしているわけですが、

お客様からデータをお預かりし、面付けして印刷する仕事も増えてきました。

 

この面付け作業をするにあたり、前準備でイラレデータを加工する必要があります。

以前は、イラレデータをeps保存して、QuarkXPress (クォークエクスプレス・DTPソフト)上で面付け、刷版してました。←古っ!(・o・)

現在ではイラレデータをaiデータのまま、InDesignインデザイン・DTPソフト)上で面付けしてます。

この際、イラレデータのデザイン(トンボ内オブジェクト)が

アートボードのセンターにいることが重要になっておりまして…………。

何故、アートボードのセンターにいることが重要かは次回以降にお話しします。

 

その確認を事前にイラレ上で行っています。

 

その際、弊社ではデザインの仕上がり寸法と同じ数値でアートボードのサイズを決めます。

それからトンボを含め全データを選択、アートボードのセンター数値を手入力で入れ、アートボードのセンターへデータを配置、再保存、InDesignでの面付へと作業を進めます。

 

ここで、たまにあるのですが……………

トンボはあるんだけれども、仕上がりのアタリがないデータ!

下はアタリがあるデータ

 

無いデータ

規格サイズなら問題ないのですが、それ以外だと内トンボを利用してサイズを調べることになります。

 

データを若干触るので、注意が必要な行為です。

出来ることならばアタリは残して欲しいですね。

 

ただ何か別の方法があるのでしょうか?

ご存じの方いましたら、お教え下さい。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

糸冬

 

関連記事

  1. トンボのおはなし
  2. CVM営業研修
  3. 火星人
  4. ファックスDM
  5. 犬のシャンプー
  6. Sea !
  7. PDFの「フォント埋め込み」って何?
  8. HAPPY UNBIRTHDAY!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


会社情報

株式会社 ハンダ

営業時間
平日09:00〜17:00

所在地
〒352-0024埼玉県新座市道場2-7-7
TEL048-477-1171(代)FAX 048-481-3122

PAGE TOP